保育方針

【やってみたいを大切に!】

子ども達が作り出すルール

常に子どもが中心であること

 

遊びや生活の中で環境を通して行う教育・保育
■遊びや生活の中で・・・
・豊かな体験を通して何を感じたり、何に気付いたり、何がわかったり、何ができるようになるか(知識・技能の基礎)
・気づいたこと、できるようになったことなどから、どう考えたり、試したり、工夫したり、表現したりするか(思考力・判断力・表現力 の基礎)
・心情、意欲、態度が育つ中で、いかにより良い生活を営むか(学びに向かう力・人間性等)
 
上記の3つの柱のねらいをもって、子どもたちの生きる力を育みます。

HOME | 保育方針

【保育理念】一人ひとりの子どもを大切に生きる力を育てる

 

img_5437.jpg img_4280.jpg img_3953_20210701090248248.jpg img_4221_20210701090241034.jpg img_1272.jpg dscn9423.jpg 0486_xlarge.jpg 0127_xlarge.jpg 0757_xlarge.jpg img20210701102415730572.jpg

山梨で一番おいしい給食を目指して!

園舎の中央に給食室が設置され、だしの香りや調理の工程で広がる「おいしいにおい」の環境の中、食への興味関心が広がっていきます。
残食「ゼロ」、おかわりコーナーには毎日子ども達が行列を作ります。様々な食育活動(食農体験、全園児で取り組むおざら作り、クッキング教室など)を通し、「食」を楽しむ子どもたちを育みます!

 

食・あそび・裏山自然活動

大野山保育園の恵まれた環境

大野山保育園の食育活動

食べることは楽しい!

「食べることは、生きること」

たくさんの友達と!信頼している先生と!一緒に美味しいご飯を食べて笑顔になる。この乳幼児期の毎日の積み重ねが、食を楽しむ豊かな人間を育みます。

2017年 やまなし食の安全・安心優良活動山梨県知事表彰受賞

食育活動について

 

やってみたい!を大切に

意欲の芽生えを見逃さず、「やってみたい」を見守る

四季折々を五感で感じながら、日常生活やあそびを通して様々な事やモノに出会う環境に配慮し、子どもたちの意欲を育てます。
子ども達が集中して遊べる時間と環境を確保します。試行錯誤しながら生み出す自発的なあそびを通して 、想像力や探求心、考える力、伝え合う力を育みます。
やってみたいを形に

 

裏山自然活動 

裏山を活用し、週に1回自然保育活動を行います。

 年齢や育ちに合わせて午前中は裏山で過ごします。アップダウンのある山道を歩くことで得られる柔軟な四肢の動きを重視し、身体の成長、体力の向上を目指します。また、もう一つのあそびの環境と位置づけ、自然を通して考える力を育みます。

令和元年度 山梨県自然保育活動知事表彰受賞

裏山の保育活動について